キレート錯体

キレート剤と界面活性剤 岡野の化学(71)にてビウレット反応について学習しました。 隣り合ったペプチド結合のうち、窒素原子が銅(Ⅱ)イオンと配位結合を形成して、カニのはさみのようなキレート錯体となります。 錯体とキレート…

続きを読む →