日常

「英語女子」への違和感

たまにはこんな「違和感」も

ビデオセミナーの頻出単語の一つ、「英語女子」。

用例:

皆さんは英語女子ですからこのくらい当然やってますよね。

英語女子は一旦英語のことを忘れろ!お花畑スキップやめろ!

 

「お花畑スキップ」はチクチク刺さるんですが、

どーも、「英語女子」には刺さらないんですよね。

まあ、「女子」という年齢じゃないからというのは置いておいて。

 

というのもですね、私、実は「中国語女子」だからです。

去年の今頃はまだ、頭の中は中国語一色でした。

自己紹介やたまに出てくる中国ネタから、

「え?この人中国語翻訳者目指してるんじゃないの?」と

逆に皆さんに違和感を感じさせているかもしれません。

(私が目指しているのは、英日特許翻訳者です)。

 

なので、このトライアル期間の息抜きブログで少しずつ、

その違和感を解消していこうかと思います。

英語と中国語、どちらで行くべきか迷っている方の参考に

少しでもなれば、という思いもあります。

 

えーっと、ごめんなさい。本題は明日以降になります。

そこまでしてブログ更新続けなくてもと思うかもしれませんが、

書かないと窒息死します、たぶん。

水面下でもがいてますが、1日に1回くらい、

水面に顔を出して息継ぎしたいのです。

 

とは言え、さすがにゆっくり書いている時間はありません。

1週間後くらいに、まとめて見に来られた方が良いかもしれません。

その頃私、抜け殻になってるかもしれませんが・・・

まあ、「亡骸」でなければ良いです。進化した本体がどこかにいれば。

まだやりたいこと、いっぱいありますから。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です