学習記録

hydrogen containing plasma はプラズマか水素か

翻訳に没頭中

台風ががっつり日本列島を横断していきそうですね。

通り過ぎるのは早いんでしょうけど、進路上の方(ほぼ日本全域ですよね)

お気をつけください。

 

さて、昨日はだいぶ翻訳作業にはまってました。

1時間ごとに翻訳したワード数を計測しながらやってるんですが、

我ながら単純なことに、「可視化」すると俄然やる気が出るもんです。

よっしゃ、次の1時間はこれ以上やったるで、と。

3700ワードほどの後半部分を訳していたので、

前半よりスピードが出るのは当たり前といえば当たり前なんですけど、

脳が「自分は成長してる」といい感じに勘違いしてくれているので、

その勘違いに乗っかっていこうと思います。

hydrogen containing plasma

今、対訳学習に使用しているのはこちらの特許明細書です。

  • タイトル:Method and apparatus for reducing copper oxidation and contamination in a semiconductor device
  • 原文(US6355571
  • 公開訳(特開2001-093902

短め+内容が大体わかりそう+面白そうで選んだんですが、

原文も公開訳も、いろいろと、いやかなり「ん?」と思うところはあります。

その中のひとつが今日のお題の「hydrogen containing plasma 」です。

 

水素含有プラズマ?

はたまたプラズマ含有水素?

 

水素とプラズマがどんなものかわかっていれば、答えは明確です。

hydrogen(水素):水素原子(H)または水素分子(H2)のこと

plasma (プラズマ):気体分子の一部が電離し陽イオンと電子に分かれ、電離したイオンと電子の他に原子・分子も混じって存在している状態のこと

なので、水素(分子・原子)を含んだプラズマということになります。

 

これが実は公開訳では、こうなってます。

  • hydrogencontaining plasma → 水素含有プラズマ
  • hydrogen containing plasma → プラズマを含む水素

ハイフンのあるなしは、原文側のミスで内容としては同じことを指しています。

これを見た時に、IBMレジストの対訳シリーズでの「あれ」を思い出しました。

 

あれって・・・?

 

これです。

(出典:keywordsuggest.org

この状態を示す英語は、

fish carrying eagle でしょうか。

eagle carrying fish でしょうか。

 

検索してみると一目瞭然ですが、「eagle carrying fish」と表現されることが多いです。

それでは、「fish carrying eagle」は「鷲を運ぶ魚」になるんでしょうか??

 

そんな魚がいたら、見てみたいもんです。

私たちの住む世界の常識では、鷲を運ぶ魚はいないですよね。

なので、こちらも「魚を運ぶ鷲」ということになるでしょう。

(もしかしたら「fish」が人の名前という大どんでん返しもあるかもしれませんが・・・)

 

そこで、hydrogen containing plasmaに戻ります。

(公開訳)

  • hydrogencontaining plasma → 水素含有プラズマ
  • hydrogen containing plasma → プラズマを含む水素

なぜ「訳し分け」をしたんだろうなと考えると、

「A containing B」は Bを含むA、「A-containing B」は Aを含むB

という文法的な解釈のみで訳語を確定したのでは?と推測されます。

 

もちろん、原文が統一されていないのは問題ではあるんですが、

「プラズマを含む水素」はないよなー、「鷲を運ぶ魚」だよなこれ、

と、今の私は、思います。

 

 

実は、3か月ほど前の私は、同じことをしていました。

文の切れ目と思い込み思い込みの罠にはまる 昨日はひたすらトライアルレビューシリーズを進めていました。 「これはチェックシートに入れ込めば防げるな」という...

トライアルレビューシリーズの題材を取り扱っていたため、

文章をそのまま載せていないので説明がわかりにくかったなと今見直して思います。

この時にやってしまったのは「鷲を運ぶ魚」と同じミスです。

文法のみに囚われ、その言葉の意味やコンテクストを考えず、

常識的にどうなのかも考えず、とにかく「何も考えて」ませんでした。

 

この時、管理人さんからは「頭大丈夫ですか?(意訳)」と

厳しくご指導いただきました。

 

当時ももちろん反省しました。

ですが今になって、この時の過ちがどれほど翻訳者として致命的なものなのかを

深く深く実感しています。

 

先は長いですが、それでも3か月前と比べると別人です。

学習記録

9/29(土)の学習記録

項目: 対訳学習  
目標: 13h    実績:14h20m
メモ: 公開訳と比較→翻訳作業続き(とりあえず完了)

項目: 求人検索とCV改定  
目標: 2h     実績:-
メモ: 今日に積み残しです。

実翻訳時間:7h30m/1965語
(262語/時間)

9/30(日)の学習計画

項目: 対訳学習  
目標: 10h   
メモ: 公開訳と比較+その他
   (multiterm登録・ノート整理など)

項目: 求人検索とCV改定  
目標: 2h     

今日の目標:いつもより1時間以上早めに寝ること+掃除をすること

体力的にバテ気味です。天気のせいですかねー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です